ワイルドジャングルカジノで稼ぐ方法!一攫千金への道TOP > ワイルドジャングルカジノの特徴をご紹介! > ワイルドジャングルは信頼のおけるオンラインカジノ

ワイルドジャングルは信頼のおけるオンラインゲーム

ワイルドジャングルは信頼できる企業であり、オンラインカジノです。

まずオランダ領キュラソー政府から、厳しい審査の末にライセンスを取得して運営しています。このライセンスをとるには長い月日が必要で、思い立ったらすぐにでも企業を経営できるわけではありません。

そしてライセンス料も払う必要があります。
ワイルドジャングルカジノは、このように厳しい狭き門をくぐりぬけた安心と信頼の企業といえます。

オランダ領キュラソーではカジノが合法となっていますので、ここに置かれたサーバーに接続するかぎり、日本からプレイしても違法ではありません。

あなたがラスベガスに行って、カジノでがっぽり儲けても、日本の法律は介入できませんよね?それと同じことです。運営する側が合法なので、法律で罰することはできないのです。

もちろん、いくらライセンスを取得しているからといって、ワイルドジャングルが信頼できるかというと、それは早計です。まだ不安はありますよね?

オンラインカジノは、ゲームソフトをダウンロード・インストールして遊びます。
つまりランドカジノ(実際のカジノ)のように、そこに人がおらず、コンピューターを相手に遊ぶことになります。(ただしライブゲームはディーラーやプレイヤーと対戦できます。またマルチプレイヤーゲームでは、プレイヤー同士で遊べます)

相手がコンピューターである以上、トランプのスートや数字を、運営側に有利になるように裏で操作しているのではないか?という不安がつねにつきまとうものです。それは当然の不安ですね。

ですがご安心を。
ワイルドジャングルカジノでは、月単位でTST(テクニカルシステムズ・テスティング)という第三者監査機関に入ってもらって、検査をうけています。検査は一度きりではなく、毎月行なわれています。また抜き打ちテストのように、ランダムに調べられます。

オンラインカジノのペイアウト率は97%と、非常に高い数字を示しています。
パチンコで80%、宝くじで40%ですから、かなりの払い戻し%となっているわけですね。

第三者監査機関であるTSTは、このペイアウト率が本当かどうかを毎月調査しています。その証明書も発行しています。

ですからもしワイルドジャングルカジノが不正をはたらいて、不当にソフトを自分たちに有利になるように操作しているとしたら、TSTにばれてしまいます。そうなると証明書を発行してもらえなくなりますし、そのことはお客さんたちにも分かってしまいます。

するとどうなるかは明白ですよね?
お客さんが離れていって、また企業のイメージもダウンして倒産に追い込まれていくでしょう。

いかさまをしたり、サクラをつかったりして、自分たちの立場を危うくするよりも、正しく運営してTSTという第三者機関に認定されたほうが、結局はお客さんも増えて儲かるのです。

以上ことから、ライセンスを取得し、第三者機関からの監査を毎月うけているワイルドジャングルは信頼のおけるオンラインカジノだということができます。

私がプレイしてみた感じからいっても、安心できるカジノですね。
24時間365日、ずっと日本人スタッフがサポートしてくれるので、疑問点があったら、すぐにでもチャットで返答がきますよ。電話やメールもあります。

なんといっても、カスタマーサポート賞受賞の日本語サポートチーム「Zsupport」が回答してくれますから、ワイルドジャンルは信頼と安心の企業といえるでしょう。